国立の科学館としてどのような新しい価値をうみだせるか。館長 毛利のイニシアチブのもと、挑戦の姿勢を忘れずに、未来館はさまざまな活動を続けてきました。ここでは、毛利や設立に関わったスタッフが、未来館に込めた想いを紹介します。

▶特別映像シリーズ「Miraikanストーリー ともにつくる挑戦」
https://www.miraikan.jst.go.jp/aboutus/20th-movie/

日本科学未来館は、2001年7月の開館以来、科学技術の役割と未来の可能性について考え語り合う場として、様々な活動を行い、つながりを築いてきました。これらの未来館の活動を振り返り、6つのテーマで綴る特別映像シリーズを公開します。

1 挑戦 (未来館マインド)
2 地球の共有 (ジオ・コスモス)
3 「かたちのないもの」を可視化する (科学技術を伝える1)
4 科学×〇〇 (科学技術を伝える2)
5 未来を考える場 (科学技術と社会をつなげる)
6 みなさまとともに (さまざまな人が集まる場)


企画制作:日本科学未来館
映像制作:株式会社ホーダウン
グラフィックディレクション:株式会社STUDIO PT.
イラストレーション:海道建太

 200 total views,  4 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です