2030年まで約6年。
AIや遺伝子工学などの技術革新によって、医療はこれまでにない飛躍的な進歩を遂げようとしています。
ナノマシンによる異常細胞の除去、AIによる病気の早期発見、3Dバイオプリンティングによる身体機能の回復、ウェアラブルデバイスとバイオセンサーによる常時モニタリング……。
SFの世界にでてきそうな未来の医療が現実のものとなろうとしています。
今回は、2030年の医療分野の近未来像と、そこに至る医療技術の発展について解説していきます。
この先、約6年の間に実現するかもしれないこれら最新医療技術は、病気の予防から治療、予後(よご)の改善に至るまで、私たちの健康を根底から補強することができるのです。
それでは、医療技術の進化がもたらす驚くべき未来像を、皆さんと一緒に確認していきたいと思います。

00:00 イントロ
01:11 ナノテクノロジーを駆使した治療と診断
04:30 AI診断支援システム
08:53 遺伝子編集
12:28 3Dバイオプリンティング
14:39 ウェアラブルデバイスの定常モニタリング

▼再生リスト
ーーーーーーーーーーーーー
「21世紀」の未来を予測・考察した動画まとめ
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVgf6rCWEK…

 120 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です