火星に行けば、岩石や金属でできた天体をじっくりと研究できるという人もいる。また、火星は、地球で生活できなくなったときの予備の惑星になる可能性もあります。神話や、火星を居住可能にするための植民地化など、さまざまな問題が山積しています。しかし、私たちの身近な存在である火星は、常に太陽風に翻弄される乾燥した世界だったわけではありません。かつて火星の表面の多くが水で覆われ、生命が誕生する可能性があった時代もあったのだ…。

🔥ビデオは日曜の午後6時に公開されます。

————————-

火星に住む地球外生命体
– 火星の生命、この赤い惑星の神秘的な一面。その起源を理解するためには、その始まりの場所である古代まで遡らなければならない。実際、赤い惑星に生命体が存在するという考えは、何世紀にもわたって科学や天文学の世界に入り込み、SF作家たちが本や映画でこの説を解明してきたのである。
しかし、前世紀の後半にすべてが変わった。1957年に最初の人工衛星が打ち上げられ、米ソの宇宙開発競争が始まると、地球の軌道を超えた赤い惑星、さらには月にまで目が向けられるようになったのである。火星に探査機を送る試みは何度か行…

 172 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です